kdenologue

たまに何か作ります。

Blenderのアドオン Fluent の処理を高速化した話

Blenderという有名なオープンソース 3Dモデリングツールがある.
最近バージョンが2.8に,なりやっと人間らしいUIを持つようになった.正直今までのは人間に難しすぎる.

ところで,Blender用のアドオンにFluentというのがある.
www.youtube.com

blendermarket.com

gumroad.com


なにかというと,ハードサーフェースモデリング(幾何学的でメカっぽいかっこいい物体をモデリングやつ)をしやすくするためのアドオンである.
基本的には画面中のオブジェクトに対してブール演算をしかけて穴を開けたりスライスしたりするというもの.
ブール演算をしかけるオブジェクトに対して配列やミラー,面取りなどの編集がサクッと出来る点と,クリック時にマウスの真下にある平面を編集平面として構築できる(=XYZ座標に対して斜めの面に対しても垂直に穴を開けたりできる)がいいところかしら.

ただ,まだ登場したばかりで機能もUIもちょっとこなれていない感じがある.(上の動画のチャンネル登録者数が2千いないところからして開発元の規模感もなんとなくわかりそうな気がする)
なんかかっこいいのつくれるのかなと,ちょっと気になったので買ってみたんです.1600円くらいだったし.
2/15に卒論発表もおわり,ちょっと使ってみるかと動かしてみたら,動作がやけに遅い状況があったので,パッチ出したという話.

ところで,使ってみた系の日本語の記事がヒットしないので,このアドオンの中に踏み込んだ日本語記事はこれが最初では.

続きを読む

各子オブジェクトのスケールや回転角が正常なHumanoidモデルをBlenderからエクスポートする方法

めざすはこれ.

gyazo.com
キャラの座標系がおかしくないのは当然のこと

gyazo.com
子のメッシュオブジェクトの座標系やスケールも

gyazo.com
Armatureの座標系やスケールもおかしくない.

gyazo.com
ファイルをインポートするときのFile Scaleは1.0で

gyazo.com
fbx内部のメッシュは回転してない

これをBlenderから出力するときのメモ.
補足:これで嬉しいことは、気持ちの問題の他に、いわば正規化処理によってDynamicBoneのパラメータなどオブジェクトのスケールが寄与する設定を(恐らく)使いまわしやすくなる

Blender内のシーン構成は次の通り.

前提:Blenderのシーンの単位をメートル法,倍率を1.0

0. すべてのオブジェクトの回転を0,拡大縮小を1にする
f:id:kden:20190220143541p:plain

1. Armatureを選択して R→X→-90とやって寝かせる

2. 一旦回転を適応する
Armatureの回転が0,子オブジェクトの回転がX:-90になる

3. Armatureを選択してR→X→90とやって立たせる
Armatureの回転がX:90,子オブジェクトの回転がX:-90になる

f:id:kden:20190220142933p:plain
f:id:kden:20190220143826p:plain

出力時の設定は次の通り.

「すべてFBX」「トランスフォーム適応」で出力.
gyazo.com

まあこれやってもClothのboundsは吹っ飛ぶんですけどね.解せぬ.
f:id:kden:20190220144239p:plain
それと,unity2017になってからclothの編集画面の頂点表示サイズが画面スケールじゃなくてワールドスケールになったみたいで,一旦モデルを大きくして編集しないと塗り分けができない.謎.

最近は一人1アバター時代っぽいのでモデリングしてみた流れまとめ

バ美肉が流行っている今日このごろ,美少女になるかどうかはともかく仮想空間上で使うオリジナルアバターの一つくらい持っておいたほうがいいかな~~みたいな気分になったので,作ってみた.

特にこの数ヶ月で様々なサービスが登場していて,有名どころだとこんな感じのものがある

結局美少女じゃん,というのはさておき,これらを組み合わせて模索するのは楽しい.楽しいが,まがりなりにもエンジニア的精神を持っているつもりなので,なるべく一度は自作していこうというのを目標とする.つまり,アバターを持つことだけじゃなく,モデリング作業をしていくことも目的としていく.

あれです,一度くらいはライブラリ使わずに生でAPI叩いてみたほうがいいよね,みたいなのと同じです.

続きを読む

Eagleで作ったライブラリにFusion360で作った3Dモデルを追加する

今あるもの
・lbrファイル(シンボルやパッケージ作成済み)
f:id:kden:20180704175707p:plain
Fusion360で描いた3Dパッケージ
f:id:kden:20180705162311p:plain
これを、STEPファイルとしてエクスポートしておく。

やりたいこと
・lbrファイルの3dパッケージにFusion360で作ったモデルを使いたい

基本的に、この動画を見れば良い。
www.youtube.com
が、微妙に違ったのもあり、メモ的に記事にしておく。

続きを読む

githubと連携してEagleの変更履歴を見れるcadlab.io使ってみた

プラプラ~っと情報収集してたらcadlab.ioってのを見つけた。

cadlab.io

どうやら、EagleのCADファイル(brdやsch)を保存してるGithbuリポジトリと連携させることで、コミット間の変更点をWEBブラウザ上で確認できるらしい。

というわけで少し使ってみたメモ。

デモページもあるみたいなので、ちょっと試しにってのもお手軽そう。
cadlab.io

続きを読む

JLCPCBに基板とステンシル発注してみた

JLCPCBという格安基板メーカーがある。初回限定で送料込み10x10cmの基板が2ドルで届く。なんてこった。
PCB Prototype & PCB Fabrication Manufacturer - JLCPCB

ステンシルは9ドル。合計11ドルで基板とステンシルが届くのだから恐ろしい。
そんなやすさにつられて人柱的に注文してみた話。

2017/12の頭に注文して実装までやってたんだけど記事にしてなかった。

今回実装する部品はこれ。
f:id:kden:20180107103539p:plain
MBH7BLZ02
Product detail : 富士通コンポーネント
LGA 56pin で半田ごてで実装するのは無理。

続きを読む

カラーマネージメントとか色域とかの話

この記事はUEC Advent Calendar 2017の6日目の記事です。
adventar.org

昨日は id:zico1222 さんのAgora は古代ギリシャ語で「広場」の意 - zico's blogでした。

Agora、あんま使わないんですがどう活躍しているのでしょう。

さて、技術系の話をしようと思ったのですがいい感じに役に立つネタがないのでしばらく前に色々調べた色域とかカラーマネージメントの話をざっくり書いておこうと思います。

続きを読む