kdenologue

たまに何か作ります。

Eagleで作ったライブラリにFusion360で作った3Dモデルを追加する

今あるもの
・lbrファイル(シンボルやパッケージ作成済み)
f:id:kden:20180704175707p:plain
Fusion360で描いた3Dパッケージ
f:id:kden:20180705162311p:plain
これを、STEPファイルとしてエクスポートしておく。

やりたいこと
・lbrファイルの3dパッケージにFusion360で作ったモデルを使いたい

基本的に、この動画を見れば良い。
www.youtube.com
が、微妙に違ったのもあり、メモ的に記事にしておく。


1. lbrファイルをオンラインにアップロードする

方法1; Libraries.ioに3Dパッケージを追加したいlbrファイルをアップロードする
f:id:kden:20180704175859p:plain
この方法の特徴は、手元のlbrファイルのバージョン管理がクラウド側と同期されないこと。これをメリットとるかデメリットとるかは別かな。

方法2 eagleのライブラリエディターから、Create managed library を選ぶ
f:id:kden:20180704182925p:plain
あるいは、eagleの初期画面でlbrファイルを右クリックして同様に選ぶ
f:id:kden:20180704183032p:plain

Managed librariesというものに変わる。
f:id:kden:20180704183212p:plain
libraries.ioと連携した、バージョン管理が向こう持ちのライブラリファイルらしい。
こちらのほうが正規の方法。


2. 開く
f:id:kden:20180704180008p:plain
(あるいは、View on WEB をクリックする)

デフォルトの直方体が映ってる
f:id:kden:20180704180122p:plain

3. 3D modelsタグの Upload 3D model から、エクスポートしたSTEPファイルをアップロードする
f:id:kden:20180704180707p:plain

4. Pakcagesタグに行くと、先程追加したlbrファイルの中にあるパッケージが表示される
f:id:kden:20180704180255p:plain
クリックすると、先程と同じように見える
f:id:kden:20180704180527p:plain
右下のEditボタンを押す

5. Package Editorが開かれるので、右の Add Model から、先程追加した3D modelを選択する(あるいはここでSTEPファイルをアップロードする)

f:id:kden:20180704180810p:plain

f:id:kden:20180704180955p:plain
追加された。フットプリントはlbrから自動で生成してくれるのだろう。

6. モデルの向き等を調整する。

左クリック: カメラ回転
右クリック: カメラ平行移動
モデルの上でクリックすると、モデル移動らしい。
f:id:kden:20180704183920p:plain
調整する。(今回はスルーホールの中を通す実装なので、こんな向き)
あ、この右の Package Inspectorは画面が小さいと出ないみたいです。罠だな。

右上に「Draft」とIC、歯車のアイコンがある。それぞれ「バージョン管理」「位置設定(上の画面)」「詳細な設定」になっている。・・・うん、わからんね。

Draftは、要は保存してませんよというメッセージ。
f:id:kden:20180704184319p:plain
保存すると、
f:id:kden:20180704184349p:plain
表示が変わる。

歯車のアイコンのほうは、タグやらパッケージやらいろいろなメタ属性を設定できる模様。よくわからない。
さて、保存が終わったら次へ。

7. 更新する
動画とちょっと違う。libraries.ioにあげたライブラリファイルの更新は、libraries.ioではなくeagleのライブラリマネージャーから行うらしい。
Managed Librariesから、編集中のライブラリを開くと、更新できそうなアイコンが出ている。
f:id:kden:20180704185047p:plain

更新する。
f:id:kden:20180704185102p:plain

保存すると、バージョンが変わりそうで変わっていない。
f:id:kden:20180704185247p:plain

最後にこの更新をlibraries.ioと同期しなければならない。
Library -> Create New Version がそれらしい。
f:id:kden:20180704185811p:plain

f:id:kden:20180704185925p:plain
バージョンが変わった(試しにいろいろやったので3になっている)。

f:id:kden:20180704190021p:plain
libraries.ioの方も更新された。


おまけ - Fusion360と連携する

多分SCHファイルはあいも変わらず今は亡き旧lbrファイルを参照しているので、新しいライブラリでReplaceする。
f:id:kden:20180704190330p:plain

f:id:kden:20180704190342p:plain
部品のプロパティにバージョン情報が出るようになった。

Fusion Syncを開く。今回は、すでに一度リンクしているので、同期情報が出ている。
f:id:kden:20180704190427p:plain
Push to Fusionを押す。

f:id:kden:20180704190631p:plain
3D Package にチェックマークが入った。今までは、下の方に見えているダメそうな感じのアイコンだったのよ。
Push。

旧見た目はこちら。
f:id:kden:20180704190511p:plain

Pushが完了したのがこちら。
f:id:kden:20180704190820p:plain

f:id:kden:20180704190844p:plain
側面。うん、できていますね。隙間は意図したとおりのものなので特に問題なし。


誰か無限に増える虚無パッケージ(試しに作っただけ)の消し方教えてください。
f:id:kden:20180704191049p:plain


また使い方変わるんだろうなぁ。安定してくれるとよいが。